人生9割ハプニング

旅先や地元京都の素敵なことやお役立ち情報を発信させていただきます。

【南阿蘇】パワースポット白川水源で心も体もリフレッシュ大作戦!! とっておきのお店もご紹介【熊本県】

皆さんこんばんは! 素敵な週末をお過ごしでしたか?

いもゆりは、あちこちで、相変わらず、トンチンカンなことをしでかしてました。
セブンイレブンの会計時に、ファミリーマートのTポイントカードを見せたり、スーパーで買い物をして、お会計をしたら満足してしまい、そのまま清算カゴを持たずに帰りかけたり。店員さん、びっくりされたでしょうね(笑)。

今週も気を引き締めていきたいです。

本日、ご紹介させていただくのは、こちらです!!

おいしい空気とお水を求めて、白川水源にやってきました。

 

白川水源

アクセス

住所:〒869-1502 熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川2092-1
最寄り駅:南阿蘇白川水源駅(南阿蘇鉄道高森線)より徒歩約15分
駐車場 白川水源付近に4ヶ所、国道325号沿いにあります。料金無料です。
自家用車でナビに住所を入れて向かい、一番近くの駐車場に停めました。
利用料金:水源の環境保全協力金として、高校生以上は1人に付き100円必要です。
営業時間:年中無休、売店等は17時頃に閉まるようです。

 

南阿蘇山

白川水源付近の道

白川水源入り口

白川吉見神社鳥居

白川水源ってどんなところ?

阿蘇山に囲まれた阿蘇カルデラ内の南部に位置する南阿蘇村には、火山地帯特有の沢山の水源があり、その中で最大級の水源を誇るのが、この白川水源なんです。環境省選定の、名水百選にも選ばれている上質な水源です。
その白川水源が、阿蘇神社の末社である白川吉見神社境内にあり、その湧き水を求めて、いもゆりもはるばるやってまいりました!

持ち物

近くの駐車場に車を停め、普段の持ち物に、ペットボトル手拭きタオルを持ってGO!!

神社の鳥居をくぐると、ガラッと空気が変わるのにびっくり。気持ちがすーっとしてきます。肌で感じ取れます。

白川吉見神社境内

シャガの花

湧き水汲み場

澄み渡るマイナスイオンたっぷり降り注ぐ境内を進んでいくと、ガラスみたいなピカピカな水面が目に飛び込んできます。

白川吉見神社境内

白川水源看板

白川水源湧き水場所

白川水源湧き水汲み場


繊細なガラス細工のような、幻想的な氷の世界のような、こんなにクリアな水面を、私はこれまで見たことがありませんでした。

その美しさに出会えたことにまず、嬉しくて大興奮でした。

水杓子と漏斗でお水を汲んで持ち帰れます。

水源地の水面から底も見えていて、底のほうの砂がもこもこと揺れているのがわかります。お水が湧いている神秘的な光景。そこには、水杓子漏斗が置いてあり、ここで、お水を汲めるようになってるんです。水源地にもお水を持ち帰るための容器が販売していました。

さっそく、持参したペットボトルにお水を入れようとしたその時。お隣におじさんがやってきて、そのままま、お手手をじゃぶじゃぶじゃぶーーー!!!︎! あーーーーーー!!!! つけたーーーーー‼!!

阻止したかったけど、間一髪間に合わなかった。おじさん、全く悪気はないんですが、頼みますわーー‼!!︎!!!!!!!!

気を取り直して再度、お水を入れようとしたら、今度は、男の子が手を水の中に入れかけたので、
「手は入れられないよーーー!これですくってね。」

と、水杓子を渡してあげました。こっちは間に合った!! 

 

白川水源水汲み場

白川水源水汲み場

白川水源湧き水

 

確かにとってもクリアな綺麗なお水で、衝動的に手をつけたくなる気持ちは分かります。しかし、そこはどうにかぐっとこらえておくんなまし。

ペットボトルに入れた湧き水を早速その場でいただきました。まろやかで柔らかい口当たりの良いお水に感動でした。

炭火焙煎珈琲水の館

水汲み場より更に奥に進むと、いくつかお店があり、森の中にある喫茶店に吸い込まれるように入店。炭火焙煎珈琲水の館さんです。

 

炭火焙煎珈琲水の館に向かう橋

炭火焙煎珈琲水の館

こちらの湧き水で淹れたコーヒーが飲んでみたくて。絶対美味しいに違いないですよね‼︎

ホットコーヒーをブラックで注文しました。
ハンドドリップで丁寧に入れてくださった一杯のコーヒー。美味しいお水で淹れてくださったコーヒーは、雑味がなくてクリアな味わいでした。

 

カップの珈琲 

 白川水源茶屋

次に、面白い看板のお店を発見。なになに?

 

白川水源茶屋の看板


「黙って座れば、そば茶と豆腐のサービス」


本当かな!? さすがに黙って座るのは気がひけたので、店頭を見てみると、
美味しそうな名水まんじゅうと、黒わらび餅が並んでいる。食べてみたい。

名水まんじゅうと黒わらび餅

名水まんじゅうと黒わらび餅

名水まんじゅう

黒わらび餅


手に取りレジに並びました。外のテーブルで食べても良いとの了承を得て、そこで、まずは、名水まんじゅうを食べてみました。みずみずしい葛餅の中にあっさりとしたあんこがうまくマッチして、つるん、つるん、とこれまた感動。黒わらび餅綺麗なお水で作られたのが良くわかります。夏の冷たいおやつ。とっても美味しい。ここでしか食べられない名物。これは、食べることができて本当に良かったです。

すると、突然、色んなものが運ばれてきました。

「あれ?注文してないのですが……。」


「サービスですよ。順番に出していきますからね。」

次々に小さなお皿が運ばれてきます。こんなに沢山?サービス品でテーブルがいっぱいになりました。

白川水源茶屋のお豆腐

昆布の一品、豆の醤油煮


お豆腐自家製のお醤油がかかったもの、昆布の一品豆の醤油煮。出来立てお醤油もお皿に入れて試飲させてくださいました。
そのお醤油が本当に美味しい!! お店の方が、
「お水が違うもの、自慢のお醤油よ。良いものばかりで作ってるよ。」と笑顔で答えてくださりました。

そうなんですね!! お醤油も有名なんだ。私の地元のお醤油とはまた、全然違う甘みのあるもので、
「これはお土産に喜んでもらえること、間違いないわ!」
と、後ほど店内に入ってお土産を買うことにしました。

 

白川水源茶屋外観


店内に入って驚いたことは、沢山お土産を買いたいのに、商品を入れるかごがないんです。
「かご?ないわ、ごめんねーーー。」って。これがまた好感度大でした。


試食、試飲サービスさせてもらって、そこから店内に誘導して購入を促す流れではないんです。店内入っても何も勧めてこられないし、こちらのお店の方は、純粋に、美味しいご自慢の物を提供してくださり、それでよし!なんだと思いました。
私は、とても気に入ったので、山盛り抱えて、何回もレジ前に商品を持っていきました。

名水たましずく(お薦めです!)

自分用にも大きいサイズのお醤油を購入しました。購入した、たまのしずくは、オレンジのキャップが目印の看板商品。お店のおばちゃんが、
「たまにデパート等で売り出ししても、これが一番早く完売するのよ。」と言っておられました。

 

名水たまのしずく


確かに美味しいし、万能だし、毎日のようにお料理に登場しています。
そのまま、お豆腐なんかにかけてよし、お出汁にもなるし、チャーハン等の味付けも決まるし、購入して良かったです!!

 

名水たまのしずくミニサイズ

名水たまのしずく広告


ミニサイズもあり、1本から購入できるお手軽さも良いです。
私はお醤油の味比べ4種類セットのものをお友達へのお土産用に購入しました。それぞれの良さを引き立つ食べ方の説明書きがされていました。

こんな綺麗なお水を毎日飲んで暮らせるなんて、身体も元気でいられる素晴らしい財産だなぁと、とても羨ましく思いました。南阿蘇村の特権ですね。
お水のぽこぽこと湧き上がる光景は、普段見ることができないので、いつまででも眺めていたくなります。

森林浴をしながら、美味しいお水を飲みながら、川に足をつけられる場所もある。


素敵な白川水源、遠くてもまた、絶対に足を運びたくなりました。
この辺りは、他にも沢山の水源があるので、次回は、他の場所にも足を延してみたいです。

南阿蘇の他の水源ご紹介(順不同)

竹崎水源
小池水源
寺坂水源
池の川水源
塩井社水源
吉田城御献上汲場
明神池名水公園
湧沢津水源
川地後水源
妙見神社の池

 

白川水源付近の食事処

ホテルグリーンピア南阿蘇(入浴付き)

 住所:〒869-1412 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字久石4411-9

電話番号: 0967-67-2131

営業時間:レストラン11:30~14:00 (土日祝は13:30)

入浴時間:12:30~19:00 (最終受付)

入浴料:大人600円 子供300円(5歳~小学生)

白川水源より、9.7km、車で約14分。
日帰りで南阿蘇の赤牛が食べられるお食事と入浴もできるので、そちらもおすすめです。

ホテルグリーンピア南阿蘇外観

赤牛のステーキ

ホテルグリーンピア南阿蘇外の景色

ホテルグリーンピア南阿蘇大浴場

 

レストランも大浴場も阿蘇の雄大な山々を眺めながらゆっくりくつろげました。
私の住んでる地域は山が低く遠いので、迫りくる山々に嬉しくて、
「うおぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーー!!!!」
とうなり声あげまくりでした。


露天風呂で地元の方に、
「そんなに珍しいですか?私たちはこの景色が当たり前で育ってますから。」と言われました。
確かにこのあたりの方は、生まれた時からこの景色を見て育っておられるんですもんね。だから、旅行って楽しいんですね!!

 

高森田楽の里(お薦めです!)

 住所:〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町大字高森2685-2

電話番号: 0967-62-1899

営業時間:10:00~15:00(受付終了)17:30~19:00(受付終了)

白川水源より、5.2km、車で約9分。


最後にもう一軒、素敵なお店をご紹介させてください。
美味しい高森の郷土料理田楽を食べさせてくれるお店です。

 

高森田楽の里看板

高森田楽の里外観


かやぶき屋根の外観から、ステキーーーーーー!!!!ってなること間違いなし。
囲炉裏の前で、いもやまめ豆腐こんにゃく、他、好きなものを注文して、串に刺したそれらを炭火でを焼いて、山椒味噌柚子味噌に付けて食べさせてもらえるのです。

 

高森田楽の里お料理

高森の里田楽

高森田楽の里囲室内


セットになってる定食も沢山ありました。昔の日本にタイムスリップしたよう。雰囲気抜群、お味も抜群です。
阿蘇郡高森町に来られたら、是非、立ち寄ってみてください。

ここでまた、嬉しい出会いがありました。
囲炉裏で相席になったカップルさんが、気さくに話しかけてきてくださり、焼いた鶏肉とか、おすそ分けをしてくださるのです。なんて、優しい。


じゃまなおばさんが隣にいてごめんよーーー。東京在住の方なので、いつも狭い空しか見てないらしく、旅行は、普段見られない一面に広がる青い空が沢山見られるところを選ばれるようです。
「それ、分かりますーーーー!!」と盛り上がりました。
ヘリコプターで阿蘇山を上から眺めたり、阿蘇を大満喫されてました。

あの日、あの時、あの時間をご一緒させていただいたご縁が今も続いております。
そんな、思い出深い南阿蘇、また、パワーチャージしに、訪れたいです。