人生9割ハプニング

旅先や地元京都の素敵なことやお役立ち情報を発信させていただきます。

ペンションパパラギ王国の魅力 美ら海水族館近くで宿をお探しの方必見

みなさん、こんばんはーーーーー!!!

 

今日は、みなさま、お待ちかねの(え?待ってないすか?笑)

パパラギ王国の魅力に迫っていきたいと思います!!

以前のブログもよかったらご覧ください。

 

www.imoyuri.com

 

美ら海水族館の近くという立地条件と、料金のお安さで選んだ、パパラギ王国さんだったので、正直、訪れるまでどんなところなのか、ドキドキだったんです。

到着も夜の9時を回ってたので、初日は真っ暗で景色もよく分からなかったのですが、翌朝、外を見てびっくりしました!!

 

 

パパラギ王国とは 

 本部町にある、美ら海水族館から車で約5分の場所にある、宿泊施設です。

 オーシャンビューコテージと、アパートメントタイプのお部屋があります。

ペンションパパラギ王国オーシャンビューコテージ

オーシャンビューコテージ

ペンションパパラギ王国アパートメントタイプ

アパートメントタイプ

 オーシャンビュータイプのコテージは、そのまま、目の前に広がるプライベートビーチを眺めることができます。ハンモックもありました。

 

アパートメントタイプは、コテージの道を挟んで反対側にありますが、こちらでもビーチまではすぐなので、我が家はアパートメントタイプに4人で宿泊しました。

 駐車場は、アパートメントタイプの目の前にあり便利です。毎回ネコちゃんが、車の下でのんびりしてるので、移動の際は、必ず下をのぞいて、ネコちゃん、ごめんねーっと声をかけていました。

パパラギ王国のプライベートビーチが最高

 

ペンションパパラギ王国プライベートビーチ芝生

綺麗な芝生を歩いて行くと、海はすぐそこです。

ペンションパパラギ王国プライベートビーチハートの石の囲い

綺麗に整備されていて、ハートやペンギン、カメさん等を石で形づけた可愛らしいオブジェがあります。

ペンションパパラギ王国プライベートビーチ花の蜜を吸う蝶々

朝顔に似たお花。夕方はしぼんでいました。朝に沢山の黒い蝶々が花の蜜を吸いにやってきていました。こんなに沢山の花の蜜を吸う蝶々をなかなか見ることができないので貴重な光景でした。

ペンションパパラギ王国プライベートビーチお花と蝶々

ペンションパパラギ王国プライベートビーチ砂浜

 すぐ目の前には美しい海。青い空に広がるグリーンの芝生、その先には白い砂浜。

静かに波の音を聞くのも良し。誰もいない海

 ここは、楽園でした。 

ペンションパパラギ王国プライベートビーチお庭

青い空と緑の木々がぴったり合わさって本当に美しいです。

ペンションパパラギ王国プライベートビーチペンギンの石の囲い

 あまりにもの美しさに目を閉じてもう一度開いてみました。 

ペンションパパラギ王国プライベートビーチ海と看板

 息子はせっせと、砂浜でサンゴを集めていました。

キラキラと眩しすぎます。贅沢な空間です。こんなに素敵なところだったんですね!!

最高のロケーション最高のプライベートビーチです。

 

砂浜には沢山の穴が空いていて、カニさんが出入りしていました。ヤドカリさんもせっせと移動していました。そんな生き物たちを観察したり、子どもたちにも良い刺激になりました。

 

海のキケン生物の看板が立てかけられてたので、海には足をつける程度にしておきました。この看板に娘がとても興味を持ち、帰ってから、「気をつけよう海のキケン生物を題材に自由研究レポートを作成していました。

 

ペンションパパラギ王国ブランコ

大好きなブランコもありました。

ペンションパパラギ王国外のシャワー

シャワーを浴びながら気分は滝修行。

車の下にいる猫

車の下にはいつも猫ちゃん。動かす時は下を覗いて要確認。

大きなやどかり

びっくり仰天の巨大やどかり。手のひらの大きさでした。

パパラギ王国料金と設備等

私たちは、ハイシーズンの8月10日11日と宿泊させていただきましたが、家族4

人(大人2人、小学生2人)2泊で46,000円程でした。素泊まりで食事は付いていません。

自炊ができるようにキッチンもついており、食器等も完備していましたので、食材を買って作って食べるのも楽しいかもしれません。我が家は全て外食でした。

洗濯機は、共同で使用できるものがあります。これも大助かりでした。

 

まとめ

 

パパラギ王国の魅力は、リーズナブルな宿泊料金とプライベートビーチだと思います。

この美しい景色を見るだけで幸せな気持ちになれたので、おススメです。普段、豪華リゾートホテルに宿泊されてる方も、たまには、こんな素朴なところでの宿泊も気分転換にいかがでしょうか。