人生9割ハプニング

旅先や地元京都の素敵なことやお役立ち情報を発信させていただきます。

【古宇利島】3つのビーチ巡り【ハートロック・とけい浜・古宇利ビーチ】

備瀬の海のお魚たちとお別れをして、古宇利島へ向かいます。

あの、良く見かける長い一本の古宇利大橋を渡ると現れる、美しい島です。

 

その前にお昼ご飯を食べに、お友達おすすめのマリン亭さんへ。

 

 

なごそばマリン亭

カーナビを合わせてどんどん奥地へ。沖縄の田舎を感じるところで、時間ものんびり流れてる感じの素敵なところにありました。

サトウキビ畑

なごそばマリン亭の外観

無事到着です!!

 お店の中は、我が家だけ。親切なおばちゃんが、色々ともてなしてくださいました。

おそばがとても美味しいらしく、メニューもシンプル。

ソーキそば三枚肉そばと、沖縄の味噌汁を注文。

なごそばマリン亭店内のソファー

 息子は、おそばが出来上がるまで、太鼓でひと踊りしてました。

 

すると沖縄の地元のおっちゃん2人組ご来店。常連さんぽいです。

にこにこと挨拶をしてくださいました。その後は、沖縄弁でずっと話をされてて、全く意味が分からなかったです。圧巻の沖縄弁に子ども達も興味津々でした。

 次にまた、地元の兄ちゃん軍団がご来店。どんどんお店がにぎわって来ます。

地元の方に愛されてるお店なんだなぁと思いました。

ソーキそば

ソーキそば

三枚肉そば

三枚肉そば

沖縄の味噌汁

沖縄の味噌汁

 おばちゃんのおそば、めんの硬さ、コシも程よく、お出汁が上品で、お肉に紅しょうがを合わせて食べると絶妙のお味でした。

子どもたちも、ぺろっと美味しく完食しました。ご馳走さまです。

 

マリン亭から、びゅんと、古宇利島へ。

古宇利大橋

古宇利島へかかる古宇利大橋が見えてきました。

長い橋が見えてきましたーーーー!! ここに来たかったんです!!

嬉しくて、家族の誰よりも私が一番テンション高かったです。

 

古宇利島には3つの有名な浜があります。

 

ティーヌ浜 

まずは、ハートロックでお馴染みのティーヌ浜へ。

有名な場所だから混んでるだろうと思ったら、以外に空いていました。時間帯が良かったのでしょうか。13時頃に訪れました。 

ティーヌ浜へ向かう細道

100円駐車場に車を停めて、「ティーヌ浜へ」の矢印に沿った小道を歩いて行きます。

ティーヌ浜へ向かう細道の途中

両サイドは大人の身長より高い草木が茂っています。

ティーヌ浜のハートロック
すいすい細道を進んでいくと、写真で見かけたことのあった、あの、ハートの岩どどどーんと登場です。

 

ここだぁーー!! 日差しがキラキラ眩しいです青い空に澄んだ水さらさらの砂浜にかか波しぶき最高に心地よいです。 

ティーヌ浜の波

まずは裸足で砂浜を歩き、水に足をつけてみます。

ティーヌ浜ハートロックの波しぶき

水はとってもクリアで水面がピカピカ輝いています。

ティーヌ浜の砂浜と波しぶき

波が追っかけてきて、子ども達は大はしゃぎです。

ティーヌ浜ハートロックの景色

ティーヌ浜のハートロック前で喜ぶ子ども

 嵐さんたちのCMで有名な場所と教えてもらったので、帰ってから調べてみました。角度によって、この2つの岩が重なって1つのハートに見えるらしい

この時は知らなかったから、その角度では見てないです。

1つの岩で既にハートの形になってるから、それでハートロックと呼ばれてると思っていました。

想像してたよりも、ずっとずっと迫力があって、気持ちの良いところで、目にしっかりやきつけてきました。

ティーヌ浜のハートロックの壮大な景色

 

潮汐情報

干潮時には、ハートロックのところまでも行けるので、もっと近くに行きたい方は、

干潮、満潮の時間帯を調べて行かれたら良いと思います。

 

www.data.jma.go.jp

 私たちも、潮汐情報を調べて行くつもりだったのですが、予定が詰まっていて、時間を選ぶ余裕がなかったので、もうそこは割り切って行った時の景色を楽しむことにしました。13時過ぎは、この位の水位でした。時間帯それぞれの美しさがあり、楽しめると思いました。

 

とけい浜

お次はすぐ、お隣の、とけい浜へ徒歩で移動します。 

とけい浜降り口

とけい浜の海

とけい浜の海と砂浜

 こちらも、壮大な海を見渡せる美しい場所で、シュノーケリングされてる方もちらほら。少し高波っぽかったので、浜辺でゆっくりと過ごしました。

今回は、とけい浜ではシュノーケリングはしなかったので、また次回訪れた時は、安全面に気をつけ、準備万端な状態で楽しんでみたいです。

 

古宇利島ビーチ

そして、3つ目の古宇利島ビーチへ。

こちらは、橋を渡ったら、エメラルドグリーンの海沢山のビーチパラソルが見えました。楽園だなぁ。子供たちも海に入るのをとても楽しみにしていました。 

古宇利ビーチ

じゃーーーーーーーーーーーん!!!!!!!

 ここで、やっと自前のサンシェードが大活躍です。自宅から、飛行機に乗せて沖縄まで持参しましたよ! ビーチパラソルに交じって存在感出してます!! 笑笑

 着替えたり休憩したり、おうちのように居心地抜群でした。私はこの中で仮眠しました。 

古宇利大橋と海

長い古宇利大橋の下に広がるエメラルドグリーンの海で海水浴です。波も穏やかでした。

古宇利大橋と海の景色

古宇利ビーチの砂浜と海

 笑顔がこぼれおおはしゃぎして楽しむ子供たちの姿を見て、本当に来てよかったと心から思いました!!最高に幸せな時間でした。

 

まとめ

古宇利島の3つのビーチは、それぞれに特徴があり、楽しめると思います。遠くないので、時間があれば回ってみてください。

潮の状態で、全く雰囲気も変わるので、行きたい時間帯があるなら、その時間から逆算して移動してみてください。

ティーヌ浜と、とけい浜は近いので、車はそのままで徒歩で行けます。

駐車場は有難いことに100円のところが多かったです。