人生9割ハプニング

旅先や地元京都の素敵なことやお役立ち情報を発信させていただきます。

独特なレゴランドホテルに戸惑わない為に行く前に知ってもらいたいこと

さあ、レゴランドホテルに着いてからは、色々思うことがありました。

何も調べずに突然来たので、知らないことだらけでした。

 

レゴランドホテルに着くまでの記事は下記に載せています。

 

【レゴランドジャパンホテル】に突然宿泊すると決めてから到着までに急いで行ったこと【名古屋】 - 人生9割ハプニング

 

 

 

ホテルに駐車場は無し。

 

大きなホテルなので、駐車場は有るものだと思い込んでいました。

ホテルの正面道路で、少し停まっていると、ホテルの方が出てきて、裏にある駐車場に停めるようにと教えてくださいました。駐車場からホテルまで徒歩5分らしく、ここで降りて荷物をおろし、代表者1人だけで車を停めに行くのが良いですよとの事で、旦那君にまかせました。

 

先にホテル前まで車で来た後、ホテルの裏にある名古屋市営金城ふ頭駐車場へ


ホテルと駐車場が離れているので、荷物等の便宜を図るため、駐車場に直接向かわず、まず、レゴランドホテルに寄ってからが良いです。

チェックイン前でも荷物は預かってもらえます。チェックインの手続きもできますし、1階エリアで遊んだりもできます。


駐車場はこちらです。

 

名古屋市営金城ふ頭駐車場

 

 平日上限1,000円、土日祝日は上限1,500円

土曜日から一泊二日なので、今回は3,000円の料金がかかります。

 

ホテルに宿泊しても駐車場割引無し。メイカーズペアで割引券をもらえるお店あり。

 

レゴランドホテルの宿泊者は、全額ではなくても、多少の駐車場割引があるものと思っていましたら、割引等は一切ありませんでした。ホテル内で飲食代が発生しても割引はなく残念でした。駐車場が無いことに驚き、指定駐車場の割引が無いことにまた驚きました。

 

レゴランドホテル横の商業施設、メイカーズピア内で夜ご飯を食べたのですが、そのお店は、5,000円以上の飲食で500円の駐車場割引があったので、その割引のおかげで、駐車場代は、2,500円でいけました。レゴランドホテル内のレストランで食べても良いと思いますが、翌日、豪華な朝ごはんをホテル内で食べることができるので、夜ご飯は、メイカーズピア内で食べて割引もあったので良かったです。

 

ホテル内プールとワークショップの予約を入れる

 

ホテルについてチェックイン手続き後、すぐにプールワークショップの予約を入れました。

残念なことに、プールの予約は既に満席でした。

プールは、毎日、朝の8時、9時、10時、11時、と続き、夜の8時まで開いています。45分制で、残りの15分で入れ替わるようです。1回に30人までと人数制限があり、プールの中は混みあわずゆったりしてるようですが、この予約方法をもう少しお客の目線で考えてほしいなぁと思いました。

事前に空き状況を確認していても、予約はホテルについてから対面でしか取れないですし、空き状況確認の電話は無意味でした。チェックイン開始の14時より早い時間に到着してもその日は既に予約でいっぱいでした。

 

翌日は、7時半から予約開始らしく、1階のコンシェルジュデスク前で予約するのに並ばないといけないらしいです。宿泊者限定のお楽しみなので、絶対プールに入りたいし、子ども達も楽しみにしてるので、確実には入れるには何時から並んだら良いのか確認すると、6時~6時半とのこたえがかえってきました。

 

ゆったりとリラックスするためにホテルに泊まりに来て、朝も早くから、プールの予約に、予約開始時間の1時間半前から並ばないと確約できないなんて、バカバカしい、と思ってしまいました。宿泊者が満足できるような、予約方法に改善してほしいです。

 

どうしてもプールに入りたいなら

 

宿泊すると無料で入れるプールですもの、入りたいですよね。

初日に入りたい方はむつかしいと思います。チェックインが16時からなのですが、プールの予約は、朝の7時半からです。初日にその時間に来れる方は、プールの予約をしに、ホテルに向かわれたらよいと思います。

今回、14時過ぎに到着して既に満席でしたが、電話確認を入れた11時頃はまだ結構空いていたので、朝一ではなくても早めに到着したらまだ予約できる可能性もありそうです。

初日に入りそびれたら、次は翌日の6時に並べば確実と言われましたが、宿泊者のみのサービスなので、30分前でも入れるんじゃないかと、思いました。実際、入れました。

 

 

次にワークショップの予約です。こちらは、まだ若干空きがあり、当日の18時から参加させて頂けました。

こちらで気をつけることは、開始時刻の10分前に、1階のワークショップ前で待機しておくこと。途中入場はできないようです。

 

 

さぁ、あとは、チェックインの時間になるのを待つだけです。

ホテルの玄関を入るといきなり、レゴブロックがいっぱいのプレイエリアがあります。レゴのプールがドドーンと歓迎してくれます。

レゴランドホテルレセプション

レゴランドホテルレセプション

子ども達は、目を輝かせながら、すぐさま、レゴの世界へGO。

レゴランドホテル1階ホール

レゴランドホテル1階ホール

その間、私はあちこち、探検。奥には、お土産物屋さんもあります。

あちこち至る所にレゴで作られたオブジェが沢山。それを見てるだけでもとても楽しいです。あっという間に16時。いよいよ、お部屋に入れます。

 

レゴブロックの柱

レゴブロックの柱

レゴブロックのプールに夢中

レゴブロックのプールに夢中

驚きのエレベーター

チェックイン時には、ホテルの方から部屋の鍵を渡された以外、何の説明も受けませんでした。まず、エレベーターに驚きました。セキュリティの面から、宿泊客以外が利用できないように、部屋のキーをかざさないと動かないようになっており、そこで少しててこずり、動き出すと、突然天井のミラーボールが動き出し、カラフルな光を発しながら、ガンガンミュージックスタート!!  仕掛けが楽しくてハッピーな気持ちになれました。わが子も他のお子様もダンシング。なんて、楽しいエレベーター。予備知識なかったから、本当、思いがけないサプライズになりました。

youtu.be

ダンシングエレベーター

ダンシングエレベーター♪

客室 パイレーツ

 

3階につくと、そこはパイレーツ一色の世界が待っていました。

 

3階パイレーツの世界

3階パイレーツの世界

踊り場のパイレーツと記念撮影をしたら、部屋を探します。長い廊下の絨毯模様も、ずらりと並んでいる扉も火もきりっとかっこいいー!! パイレーツの部屋に泊まるとのことで、息子は自前のハットと剣を持っていき、パイレーツになりきり大興奮でした。

 

廊下もかっこいい

廊下もかっこいい

 お部屋もとってもにぎやかです。子ども心をくすぐる仕掛けがたくさん。

メイン部屋

メイン部屋

子ども部屋

子ども部屋

メインのお部屋子ども部屋が分かれています。

子供部屋には、二段ベッド、テレビ、いつでも遊べるレゴブロックが置いてあります。

 

子ども部屋のレゴブロック

子ども部屋のレゴブロック

そして、鍵のかかったトレジャーボックスもドーンと置いてあり、わくわく感がたまりません。

メインの部屋のデスクに、トレジャーボックスを開ける方法が書いてある用紙があります。クイズを解いて鍵の番号を当てるのです。そのクイズが、お部屋内を探せば分かるものなので、子ども達は、早速部屋内を探しまくり、次々答えを見つけていきます。

番号がそろったら、トレジャーボックスの鍵を回し、開きましたーーー!! おめでとう!!

トレジャーボックス謎解きの世界用紙

トレジャーボックス謎解きの用紙

トレジャーボックス

トレジャーボックス

プレゼント

プレゼント

中には、2人への素敵なプレゼントが入っていました。

 

客室内のサービス飲み物

客室内のサービス飲み物

お部屋には、500mlのペットボトルのお水が4本、コーヒーに紅茶にココアに充実していました。コーヒーが1つ、ミルクが4つだったので、数が間違ってるのか電話で聞こうとフロントにかけたら呼び出しはなるけれど出てもらえません。間隔開けて3回しても繋がりませんでした。フロントの人数が少ないみたいです。

自分で全部知っている前提で、ホテルの方たちは、何も教えてくれません。質問すれば教えてくださるけれど、その辺がとても不親切だなぁと思いました。

2階に子どもが自由に遊べるスペースがあるのも知らず、気づかなければ遊べないところでした。

 

部屋のデスクの引き出しにインフォメーションのファイルがあるので、それを自分でも読まないといけないと思いました。せっかく、泊まりにきてるんだから、利用できる楽しいことは全部利用したいので。

 

私のように、何も知らなくても、ホテルの方たちから親切なおもてなしをしてもらえるだろうと思って行くと、期待はずれで悲しくなるので、温泉旅館に泊まるのとはわけが違うんだ。自分でちゃんと調べて行かないといけないところだと勉強になりました。

でもお客の声として伝えさせていただいた時に対応してくださった女性の方がとても素晴らしく、その方に聞いてもらえて、すっきりしました。ホテルの方々がみんな、この女性のような方だったら、もっともっと素晴らしいホテルになるだろうな、と思いました。この方に感謝です。

 

ホテルには大浴場はなく、室内のお風呂はトイレとお風呂が一緒のタイプで残念でした。スイートになると、お風呂とトイレがセパレートになるようです。

アメニティはレゴのイラストが入ってとっても可愛らしくて、テンションがあがりました。石鹸は、レゴの形をしています。

シャワーカーテンもパイレーツ

シャワーカーテンもパイレーツ

可愛いアメニティのセット

可愛いアメニティのセット


 これだけ、細部にまで遊び心沢山のレゴのお部屋ですが、浴衣は普通の模様でした。

 

お部屋で良かった点

お部屋一面、パイレーツの世界で、レゴのオブジェも可愛らしい。

子供部屋の二段ベッド、テレビレゴの映画)やブロック、絵本等、遊びがいっぱい。

子供部屋にあるトレジャーボックスで宝探しができる。

アメニティがかわいい。

USB充電できる場所が沢山ある。

ベッドの両サイドにUSB充電が付いている

ベッドの両サイドにUSB充電が付いている

 

いまいちな点

フロントへの電話がつながらない。

お風呂とトイレがくっついている。(その部屋を選んでたので仕方ない。)

浴衣ももう少しかわいかったらなぁ。(贅沢)

 

こんな感じで、仕掛けいっぱいのファンタジー溢れるお部屋は大満足でした。



ワークショップ

18時からのワークショップに参加するのに、時間厳守の17時50分に集合場所へ。

ワークショップ部屋の入り口

ワークショップ部屋の入り口

ワークショップ室内

ワークショップ室内

ワークショップのお部屋は、大きな丸いドーナツ型のテーブルに子どもたちが座らせてもらい、真ん中にお姉さんがたち、テレビカメラとマイク声でブロックの作り方を一緒に教えてくださいます。

今回は、ハロウィンの季節なので、かぼちゃのお化け、ジャックオーランタンを作りました。もう、親が手伝わなくても、子ども達だけで、お姉さんの話を聞きながら、頑張って作ってました。表が笑ってる顔、裏面が怒ってる顔です。向き、方向を変えると、表情がこんなにも変化したものが作れるんだなぁと感心しつつ、仕上がりの写真タイム。

ジャックオーランタン組み立て中

ジャックオーランタン組み立て中

笑った顔と怒った顔のジャックオーランタン

笑った顔と怒った顔のジャックオーランタン

 

最初のお約束で、仕上がったものを持ち帰らないことってあったのですが、2人とも、完成した、ジャックオーランタンに未練たっぷりでした。

 

良かった点

綺麗なお部屋で、少人数で、ジャックオーランタン作りを楽しめました。

 

残念な点

椅子は子どもの人数分しかなく、保護者がみんな、中腰や、膝をつけて横にならんだり、私たちもずっと後ろで立ちっぱなしがしんどかったです。部屋は広いので、保護者の椅子もあれば嬉しかったです。置けない事情が何かあるのかもしれません。

レゴランドでは、作ったレゴが気に入ったら購入できるので、こちらも気に入ったら買取りも有れば嬉しかったです。これまた、販売できない事情があるんでしょう。

 

プールと同じくホテルに宿泊してる方限定で、1回のみ参加できるので、宿泊予定の方は、こちらのサービスも併せて楽しんでみてください。



夜ご飯

 

夜ご飯はホテル内か、隣の商業施設メイカーズピアの飲食店でになるんでしょうか。私たちは、メイカーズピア内の子どもが行きたいと立ち止まったお店に入店しました。

メイカーズピア敷地内 夜の噴水

メイカーズピア敷地内 夜の噴水

お子様ランチ

お子様ランチ大喜びでした

ハンバーグ

ハンバーグがとても美味しかったです。

洋食屋さんで、子ども達はお目当てのお子様ランチやオムライスを、私たちは、ハンバーグを食べました。想像以上に美味しく大満足でした。お肉の味が濃厚なので、ご飯がすすみ、大盛りをペロリと食べました。こちらのお店、5,000円以上で、駐車場料金500円割引券がもらえて有難かったです。

 

ホテル内のカフェ

 

食後、コーヒーとスイーツを求めて、ホテル内のカフェへ。

メニュー一部

メニュー一部

チョコレートケーキとホットコーヒー

チョコレートケーキとホットコーヒー

レゴにちなんだ楽しいものは、メニューで特に見つけられず、コーヒーとチョコレートケーキを注文しました。お会計時にサービス料が加算されます。レゴランドの年間パスポートを持っていると割引がありますが、我が家は、翌日パスポートを取得するので、この日は割引なしでした。朝食のバイキングの場所と違うお店もどんなところか見ることが出来て良かったです。

 

2階の遊び場、キッズ・プレイ・エリアは24時間開いてるようです。そんな遅い時間まで遊んでる子たちはいないとも思いますが、みんな、楽しそうに走り回っていました。ホテル内だけでこんなに沢山遊べる場所があって、本当に、レゴ天国なホテルで最高です。


プール

 

翌日、まずは、朝一プールです。

この日は、レゴランドに年パスで遊ぶのですが、初日は再入場が出来ないらしいんです。

ホテルは、11時のチェックアウトの後にプールに入ることもできるとの事でしたが、レゴランドに再入場が出来ないので、チェックアウトまでにプールに入ることにしました。

無事、8時から入れました。8時5分前にエレベーターホール前に集合です。ホテルの方が、プールへの扉をあけてくださり、中にはいります。ロッカーもあります。プール内は写真、動画撮影はできません。ウォータープレイエリアへ。

ウォータープレイエリア

ウォータープレイエリア

 

待ちに待ったプール、とても可愛らしいプールです。プールの中に、ビート板の素材でできた大きなレゴブロックが浮かんでいます。それにつかまって遊んだり、組み立てて、舟を浮くってその中に入って楽しそうに遊んでる子どもたちもいました。

プールの水深は60cmと浅く、3歳~6歳位のお子様に適したプールだそうです。子どもの年齢が3歳以下なら、保護者の付き添いが必要ですが、我が家は、1年生と3年生なので、親はプールサイドで見学するので大丈夫でした。子ども達も大きくなってきていて、スライダーがあるプールを想像してたので、少し可愛らしいプールに物足りない感じで、20分程度であがりました。でも可愛らしいプールを体験できてよかったです。

 

 

朝食ビュッフェ

 

ホテルの最後のメインイベント、朝食ビュッフェです。

「ブリックス・ファミリー・レストラン」にて。

朝食の時間帯は、8時15分~9時15分までと、9時半~10時半のどちらかをチェックイン時に選びます。遅い時間を選んでたのですが、プールを20分で上がったので、まだ8時20分。急いで、早い朝食に時間変更をしてもらい、15分遅れでレストランに向かうことができました。なんて立派なビュッフェ会場なこと。びっくりしました。こんなに沢山の品数、子どもも大人も喜ぶようなおかずがずらり。これ、もう、全種類食べたくて、取りに何回も行きまくりで、食べるまでに時間がかかり、15分遅れて入ったので終わる時間ぎりぎまで食べてました。レゴの形をしたポテトや可愛らしいドーナツ、ウインナーパン、種類が豊富で、ワクワクしっぱなしでした。お腹いーーぱい、朝から幸せな気持ちになれました。

種類が豊富な朝ごはん

種類が豊富な朝ごはん

ビュッフェスタイル

ビュッフェスタイル

パンケーキ

パンケーキも食べ放題

レゴブロックポテト

レゴブロックポテト

ドーナツ

自分でトッピングを楽しめるドーナツ

カラフルなライト

カラフルなライト


すぐ横にある、プレイルームはテラスにも出ることが出来て、ここにも遊び場があり、休憩をしていました。目の前のレゴランドには、10時オープンを待つ行列が出来ていましたが、そんなに長い列でもなかったので、私たちも慌てずに、ホテルでの時間をもう少しだけ楽しみました。

プレイエリアのテラス

プレイエリアのテラス

開園30分前のレゴランド入り口

開園30分前のレゴランド入り口

 

歩いてるキャラクターと記念写真が出来る

 

ホテルでは、着ぐるみさんにも出会え、写真を撮ってもらえました。最初に出会えたのは、バディ君。次にレストランに向かう為にエレベーターに乗り込むシェフを見かけました。レストランに着くと先に到着したシェフがで迎えてくれました。どちらもキャラクターカードをもらえました。出会えるとカードがもらえるんですね。良い記念になりました。

ホテル内でのバディ君

ホテル内でバディ君とばったり

キャラクターと出会うともらえるカード

キャラクターと出会うともらえるカード

レストランで出迎えてくれるシェフ

レストランではシェフが出迎えてくれました。



 チェックアウト

 

10時半ごろ、チェックアウトしました。チェックアウトボックスにキーを入れるだけで終了です。時間もかからず有難いです。

チェックアウト時のキーボックス

カードキーを青のボックスに返却するとチェックアウト完了

 

チェックアウト後の荷物預かりサービス

 目の前がレゴランドなのに、荷物をいったん車に置きにいかないといけないのかなぁと思っていたら、チェックアウト後の荷物預かりサービスがありました。チェックアウト後、表玄関を出たところに、荷物預かり手続きができるところがあり、そこで荷物を預かってもらいました。最大で、その日の夜10時ごろまで預かってもらえるようです。

このおかげで、そのまま、レゴランドに向かうことが出来ました。

荷物預かりサービス

チェックアウト後の荷物預かりサービス


宿泊した感想

 

本当に、あらゆるところで子ども達を楽しませてくれるエンターテイメントなホテルで、今となれば楽しいことしか思い出せません。ただ、独特のなシステムのホテルなので、私みたいに全く何も知らずに行くより、事前に調べて心つもりをしといた方が戸惑わなくて最初から楽しめると思いました。子供たちは最初から最後まで大はしゃぎでしたので、子どもが喜ぶ顔が沢山見れて、本当に良かったです。

ホテルに泊まることはそうそう出来ないだろうけど、2階までは宿泊しなくても入れるみたいなので、ご飯でも食べにレゴランドに行ったら再訪してみたいです。